リフォームのプロ スペースアップがお答えします!!「全力Q&A」全力の質問に全力でお応えします!

リフォーム一筋設立20年

施工実績83,408件(2017年2月現在) 地域密着16店舗展開中!

0120-5252-48  無料見積もり
リフォームのプロ スペースアップがお答えします!!「全力Q&A」全力の質問に全力でお応えします!
全力質問!
バリアフリー

Q3 バリアフリー

両親が高齢になり、自宅のバリアフリーリフォームを検討しています。木造2階建て、玄関にスロープ、廊下と部屋の段差解消、手すり設置、トイレ・バスのバリアフリーなどで相場はどれくらいでしょうか。父親が介護度2、母親は要支援ですが、介護保険からの補助などありますか?

まず最初に、介護保険から住宅改築の補助はあります。20万円に対しての1割負担です。
ですが、相場は、と聞かれると「どこまで手を入れるのか」により左右されますので一概に括ることは難しいですね。
廊下やトイレに手すりをつけるのは比較的多い工事ですが、玄関のスロープについては敷地が必要な工事です。そのため後から外せる敷台、つまり段差を解消するハコ状のものを設置するケースが多いです。
将来的にそれがずっと必要なのかを判断して頂ければと思います。
完全なスロープの工事をしてしまうと、そのスロープが不要になった時にまた元に戻す工事が必要となります。
ですので、簡易的な段差解消の部材を導入する方がよい場合もありますね。
20万円に対しての1割負担ですから、予算がオーバーしてしまったときはお施主様のご負担となってしまいます。
介護保険を適用する工事にするためには、ケアマネージャーさんなどによる「理由書」が必要です。
スロープや手すりがつくことでこのように生活しやすくなりますという旨の書類なのです。
手順としては、要介護認定を受け、手帳が交付された後、担当のケアマネージャーさんと同席してもらってご相談、施工、そして工事前後の写真をお渡ししますので「理由書」への添付…という流れです。
費用面で無駄なご負担が増えないよう、介護保険適用のリフォーム工事の実績のある会社に見積もりを出してもらってください。

お困りのことは解決されましたか?解決できなかったお客様、あなたのお悩みもご相談ください!スペースアップが全力でお応えさせていただきます!何でもお気軽にご相談ください!