リフォームのプロ スペースアップがお答えします!!「全力Q&A」全力の質問に全力でお応えします!

リフォーム一筋設立20年

施工実績83,408件(2017年2月現在) 地域密着16店舗展開中!

0120-5252-48  無料見積もり
リフォームのプロ スペースアップがお答えします!!「全力Q&A」全力の質問に全力でお応えします!
全力質問!
お風呂のリフォーム

Q17 お風呂のリフォーム

現在二世帯住宅に住んでいて、お風呂と洗面、キッチンが親世代、子世代のスペース合わせて2つあります。この先、親世代の水回りが必要なくなった時、水回り部分を普通の部屋にリフォームすることなどは可能なのでしょうか。

普通の部屋に戻すことは可能です。キッチンまでは配管が来ていますから、床下で殺す、つまり止めてしまいます。その工事の後にフローリングに変更します。
古いタイプの付け方でしたらタイルであることも多いのですが、その場合はまずはタイルを剥がしてクロスの下地を作り、クロスを貼ります。
お風呂は畳二帖分のサイズがあることがほとんどです。その後の用途としては納戸が一般的でしょうね。収納にするケースが多いんです。
キッチンの場合はやはり手を入れる部分のボリュームがあるので、部屋にしようと考えても「これ以上お部屋が必要だろうか」と考えた末に、そのままにしておかれるご家庭もありますよ。
1世帯の家をリフォームし、2世帯住宅にするというお話は多くあります。親世帯が50代、子世帯が30代、お孫さんも小さいということで一緒に住もうか、という流れですね。
お風呂は共用してもいいけれど、キッチンとトイレはそれぞれの世帯に欲しいというご希望も多くあります。この場合は、2階にキッチンを新設、1階のキッチンはリフォームします。親世帯が50代ということは、ごくごく一般的に考えて30年はその家にお住まいになります。築年数がそれだけ伸びる、ということが前提となってきますよね。そのため、子世帯だけになった時はおそらく築年数も40~50年になるでしょうから、建て替えをお考えになるタイミングですね。

お困りのことは解決されましたか?解決できなかったお客様、あなたのお悩みもご相談ください!スペースアップが全力でお応えさせていただきます!何でもお気軽にご相談ください!