0120-5252-48

営業時間 9:00~19:00 年中無休(年末年始を除く)

リフォームコラム

リフォームブログ

【リビ充家族#3】スタディスペースのあるリビングで、絆も学びも深め合う

こんにちは、スペースアップです。

リビングを広くし、家族がそれぞれの時間を過ごせる空間にする――。こういったライフスタイルが、「リビ充家族」と呼ばれ、人気を集めています。

以前は、リビングはテレビを見たりくつろいだりするという場であり、仕事や勉強など他のことをする時には、書斎や自室を利用していました。しかしそうすると、家族が同じ時間を過ごすことが減るため、コミュニケーション不足に陥ってしまうことも。

そこで、家族が同じ空間を共有できるよう、仕事や勉強スペースをリビングに設ける事例が増えてきました。

今回は前回に引き続き、「リビ充家族」の事例を紹介していきます。「広いリビングにしたい」「自宅に仕事スペースがほしい」「家族のコミュニケーションが活発な家にしたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

リビングにスタディスペースがあると、お子様の勉強する様子にそれとなく気を配れます。一緒に勉強しながら、つまずいたところで教えてあげることも。子ども部屋で勉強する場合と比べて、家族のコミュニケーションが生まれやすくなります。

お子様にとっても、静かな自室より適度に生活音のあるリビングのほうが、集中しやすいともいわれています。

こちらの事例は、ダイニングテーブルの横に長めのカウンターデスクを設けました。お子様のスタディスペースとしても、ご主人のテレワークスペースとしても活用できます。

こちらの事例では、畳コーナーの一角にスタディスペースを設けました。小上がりの畳コーナーと造作のカウンターデスクを組み合わせることで、掘りごたつのように座って勉強できるようになっています。

「家族との時間を大切にしたい」と考えている方は、お気軽にスペースアップにご相談ください。お客様のライフスタイルに合ったリフォームをご提案します。

一覧へ戻る

PAGETOP