0120-5252-48

営業時間 9:00~19:00 年中無休(年末年始を除く)

リフォームコラム

リフォームブログ

【リビ充家族#1】カウンターデスクで家族とつながる暮らし

こんにちは、スペースアップです。

リビングを広くし、家族がそれぞれの時間を過ごせる空間にする――。こういったライフスタイルが、「リビ充家族」と呼ばれ、人気を集めています。

以前は、リビングはテレビを見たりくつろいだりする場であり、仕事や勉強など他のことをする時には、書斎や自室を利用していました。しかしそうすると、家族が同じ時間を過ごすことが減るため、コミュニケーション不足に陥ってしまうことも。

そこで、家族が同じ空間を共有できるよう、仕事や勉強スペースをリビングに設ける事例が増えてきました。

今回から、「リビ充家族」の事例を紹介していきます。「広いリビングにしたい」「自宅に仕事スペースがほしい」「家族のコミュニケーションが活発な家にしたい」と考える人は、ぜひ参考にしてみてください。

リビングを充実した空間にしたいなら、ダイニングやソファスペースの他に、ちょっとした作業スペースを設けるのがおすすめ。今回は、カウンターデスクを設置した事例を3つ紹介します。

自然光がやさしく差し込む、ナチュラルで落ち着いた雰囲気のリビング。キッチンと向かい合ったカウンターデスクが、カフェのような空間を演出しています。

カウンターデスクで勉強するお子様を料理しながら見守ったり、夫婦で並んで座ってお酒を楽しんだり。カウンターデスクが、家族の距離を縮めてくれます。

壁面収納と造作デスクカウンターのある、機能的なリビング。収納の裏に仕込んだ間接照明が、ホテルのような上質な雰囲気を演出します。

家計簿をつけたり、タブレットで仕事のメールをチェックしたり。ワークスペースとして、多目的に活用できます。コンセントがあるため、スマホやタブレットの充電コーナーにするのもいいでしょう。

お子様が勉強する様子を眺められるよう、対面キッチンにリフォーム。長いカウンターデスクには、お子様の工作を飾ったり、リビングの小物を収納したりできます。やさしい木のぬくもりが感じられるリビングは、家族みんなが集まる場所になりました。

「家族とコミュニケーションが生まれる家にしたい」と考えている方は、スペースアップにご相談ください。お客様のライフスタイルに寄り添ったリフォームをご提案します。

一覧へ戻る

PAGETOP