0120-5252-48

営業時間 9:00~19:00 年中無休(年末年始を除く)

リフォームコラム

メンテナンス

トイレの簡単なお手入れ方法!頻度・道具・洗剤は?

トイレをきれいに保つには、毎日のお手入れが大切です。

しかし、掃除の仕方や洗剤選びが間違っていると、汚れがなかなか落ちなかったり、便器が傷んでしまったりすることもあります。

今回は簡単なトイレのお手入れ方法や、洗剤の選び方などを解説します。日々のお手入れに役立てて、気持ちのいいトイレにしてくださいね。

トイレの汚れと洗剤の種類

トイレによくついている汚れは、主に3種類。汚れにあわせた洗剤を選べば、するっと汚れを落とすことができます。

 

水アカ 黄ばみ 黒ずみ
水道水に含まれるミネラルが、白く固まったもの。手洗い器などによくついている。 トイレの黄ばみの原因は、尿石(尿に含まれるカルシウムが固まったもの)。 カビや雑菌が主な原因。水位線にできる黒ずみ「さぼったリング」など。
アルカリ性の汚れ アルカリ性の汚れ 酸性の汚れ
・クエン酸など酸性の洗剤 ・クエン酸など酸性の洗剤 ・中性洗剤

・塩素系漂白剤

※酸性の洗剤と、塩素系漂白剤をまぜると、有毒ガスが発生して危険!同じ日に使わず、別々の日に使いましょう。

 

トイレ用中性洗剤:初期の汚れ全般に

中性なので刺激が少なく、洗浄力は弱め。水アカ・黄ばみ・黒ずみなど、初期の汚れであれば幅広く対応できます。毎日のちょっとした汚れを落とすのに便利です。

 

クエン酸:水アカや尿石に

スプレーボトルに「水200cc、クエン酸小さじ1くらい」を溶かせば、クエン酸スプレーができます。

便器の内側にスプレーしたり、トイレットペーパーでパックしたり、粉末のまま放置してからこすったりと幅広く使えます。

 

塩素系漂白剤:なかなか落ちない黒ずみに

便器内の黒ずみなど、中性洗剤で落ちなければハイターなどの塩素系漂白剤を使うこともあります。

 

クレンザー:最後の手段

便器内の黄ばみや黒ずみが落ちないとき、最後の手段がクレンザーです。研磨剤が入っていて「削り落とす」ので、便器に傷がつくこともある点に注意。

 

トイレ掃除で準備したい道具

  • 柄付きブラシ(スポンジ)
  • 市販のトイレ用クリーンペーパー
  • やわらかめの布(雑巾)
  • 洗剤(トイレ用中性洗剤、クエン酸スプレーなど)

 

【頻度別】簡単なトイレのお手入れ方法

では実際のトイレのお手入れ手順を見ていきましょう。「毎日・週1回・月1回」と頻度別のお手入れ方法をご紹介します。

 

毎日のお手入れ

1.便器内をブラシで水洗い

トイレ掃除を圧倒的に楽にしてくれるのが、便器の中に汚れが見えなくても、1日1回はブラシでさっとこすっておくこと!汚れがひどくなる前に落とすことで、ゴシゴシこすらなくてもよくなります。水位線やフチ裏には汚れがつきやすいので、少していねいに掃除すると良いですよ。

 

2.トイレ用クリーンペーパーで拭く

便座やフタは、市販のクリーンペーパーなどでさっと拭きます。水を含ませて固く絞った布でも良いでしょう。

 

週1回のお手入れ

1.手洗い器をスポンジでこする

タンクの上の手洗い器はスポンジや布でこすり、最後は乾拭きで仕上げると、ホコリがつきにくくなります。蛇口の水アカは、トイレットペーパーを巻きつけて、クエン酸をスプレーして放置するのが効果的。

 

2.便器内を洗剤とブラシで掃除

便器内に中性洗剤をかけ、ブラシでこすり落とします。フチ裏などにこびりついた尿石には、クエン酸スプレー。落ちにくい尿石は、トイレットペーパーとクエン酸でパックして、しばらく放置してからこするのがおすすめです。

 

3.ウォシュレットのノズルを洗う

ウォシュレットのノズルは、水アカや便など汚れやすい部分。ノズルを引き出して、やわらかい布で水拭きしましょう。ノズルの出し方は、トイレ本体の説明書などに書いてありますよ。

 

4.便座やフタを水拭き

便座やフタは、やわらかい布でていねいに水拭きします。尿汚れがあれば、クエン酸スプレーを吹きかけて。

 

5.床を水拭き

床は固く絞った雑巾で水拭き。便器と床との境目に汚れがたまりやすいので、クエン酸スプレーか中性洗剤を使って念入りに拭きます。

 

月1回のお手入れ

1.換気扇のホコリを吸う

トイレの換気扇には、ホコリがたまりがち。カバーをはずして掃除機でホコリを吸い、ハンディーモップなどを使って細かいホコリを落とします。

 

2.タンクの水拭き

タンクも月に1回は拭くと良いでしょう。水アカを拭き取り、汚れがとれないところは中性洗剤などを使い、最後に水拭きで仕上げます。

 

3.トイレットペーパーホルダーの水拭き

ペーパーホルダーはよく手で触る部分。皮脂汚れがつきやすいので、重曹スプレーもおすすめです。最後に水拭きで仕上げましょう。

 

4.パイプのお手入れ

金属のパイプは、やわらかい布で拭きます。水分が残るとサビつくので、雑巾は固く絞ることと、最後に乾拭きで仕上げることが大切です。もしサビてしまったときには、市販のサビ取り剤で落としましょう。

 

まとめ

トイレはこまめなお手入れで、汚れがつきにくくお掃除が楽になります。しかし、便器自体が古くなってくると、汚れがこびりつきやすく、掃除してもなかなか落ちないように・・・。

 

「黄ばみや黒ずみがなかなかとれない」「掃除したばかりなのに、すぐ汚れてしまう」といったときには、そろそろトイレの交換時期かもしれません。新しいトイレにリフォームすれば、お掃除がぐんと楽になって快適に過ごせますよ。

 

スペースアップでは、「子どもがよく汚すので、効率よく掃除できるトイレにしたい!」「介護にも対応した、広くて安全なトイレにしたい!」など、ご家庭にあわせたリフォームプランをご提案させていただきます。トイレのプラン例や、費用の目安など、こちらのページを参考にしてください。

スペースアップのトイレリフォーム>

一覧へ戻る

PAGETOP