0120-5252-48

営業時間 9:00~19:00 年中無休(年末年始を除く)

リフォームコラム

水まわり

キッチンのリフォーム時期はいつ?キッチン選びで気をつけたいポイントも解説

365日フル稼働のキッチン。
そんなキッチンの適切なリフォーム時期ってご存知ですか?

故障や不具合などの明確な理由がある場合を除き、「ちょっと不便だなぁ」「ここがこうだったらなぁ……」という気持ちはあっても、なかなかリフォームに踏み切れない方が多いのではないでしょうか?

今回はキッチンのベストなリフォーム時期の見極め方と、キッチン選びでつまずきやすいポイントについて解説します。

キッチンのベストなリフォーム時期はいつ?

一般的にキッチンの耐久年数は10~20年。コンロや水回りなど、設備の不具合が増えてきます。

 

もしかすると「リフォームより、修理のほうが安くすむのでは?」と思うかもしれませんね。

たしかにまだキッチンが新しいうちの不具合なら、修理で改善できる可能性が高いです。

 

しかし、10年以上たっていると、修理してもまた違う部分で不具合が起き、その度に修理を繰り返すことも。部品が廃盤になっていて、余計な時間や費用がかかるケースもあります。

 

リフォームで最新式のキッチンに入れ替えれば、より快適で使い勝手の良いキッチンを手にいれることができますよ。

 

家族構成やライフスタイルの変化

  • 子どもの様子を見守りながら料理できる対面式キッチンに
  • 家族みんなで料理を楽しむ時間が増えたから、大人数で作業しやすいアイランドキッチンに
  • 子どもが独立して夫婦2人になったから、ミニキッチンにリフォーム

家族構成の変化やライフスタイルの変化が、キッチンリフォームのタイミングでもあります。
コミュニケーションの場所として、家族の豊かな時間をつくり出すキッチン。料理をつくる人だけでなく、家族全員にとっての憩いの空間にしたいですね。

 

キッチンの使い勝手が悪い

  • キッチンの高さが自分にあっていない
  • 調理スペースが狭い、収納が少ない
  • コンセントの配置が悪く作業効率が低下する

1つ1つの不便さは小さなものでも、毎日積み重なっていくとストレスになるもの。
なんだか不便だなと思ったら、キッチンリフォームを検討するチャンスかもしれません。

キッチンの設備の老朽化や不具合

  • 換気扇から変な音がする
  • 配水の水の流れが悪い

キッチンを長く使うと、設備の老朽化による不具合がでてきます。
「ちょっとしたことだから大丈夫だろう」と見て見ぬふりをすると、水漏れや排水溝の詰まりなど大きな不具合につながってしまうことも。耐久年数を迎えたキッチンでは、不具合を放置しないことが大切です。

キッチン選びで気をつけたいポイント

リフォームすることが決まったら、リフォーム会社から見積もりをとったり、キッチンメーカーのショールームを見に行ったりされるかと思います。このときレイアウトや収納、デザインなどを見る方は多いですが、意外と見過ごしがちなポイントが2つあるのでご紹介しますね。

 

【お金について】割引率に注意!

システムキッチンは、メーカーによってある程度の割引率が決まっています。カタログ価格が80万円だったとしても、割引率10%なら72万円、割引率35%なら52万円まで価格が下がるということです。

この割引率、メーカーや工務店によって違うというのは知っている方も多いのですが、実は商品やオプションによっても割引率が違ってきます。

例えば商品Aが定価60万円の30%引き、Bが定価80万円の50%引きとしましょう。定価だけを見るとAの方が安いですが、割引後はAが42万円、Bが40万円と、Bの方が少し安くなりますね。

また「本体は割引率40%なのに、オプションは定価のまま」といったケースもあります。キッチンを選ぶときには、オプション品まで考慮して、トータルの価格を比較する必要があるということです。

色んなメーカーで条件に合わせた商品をピックアップし、それぞれ合計金額を出して比較する……なかなか素人には難しいので、ぜひリフォーム会社の「リフォームアドバイザー」に相談されることをおすすめします。

 

【機能について】細かくチェック!

新しいキッチンを選ぶ時、どういったところを見るでしょうか?値段やレイアウト、デザイン……そういった面が希望に合えば、決めてしまって良いのではないかと思いますよね。しかし、意外と細かいポイントが落とし穴になることも多いです。

(例)

  • 奥行きを広くして、キッチン前の窓に手は届くのか?
  • 吊り戸棚が両開きの場合、照明器具に当たらないか?
  • 両サイドの引き出しは、壁ぎわのコンセントに当たらないか?

こういった細かいところは、自分だけで気づくのはなかなか難しいもの。リフォームアドバイザーに実際に家を見にきてもらい、確認をお願いしましょう。

 

まとめ

「せっかくのリフォームだから、高いグレードを入れたい!」「でも費用は安くできるといいな」など、希望はさまざまかと思います。ぜひプロのリフォームアドバイザーに相談して、その家の間取りや家族の希望にあったプランを提案してもらうことをおすすめします。

スペースアップでは、あなたの「こうしたい!」「こうだったらいいな!」をリフォームでかたちにするお手伝いをしています。キッチンリフォームについて、詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

>> スペースアップのキッチンリフォーム

一覧へ戻る

PAGETOP