0120-5252-48

営業時間 9:00~19:00 年中無休(年末年始を除く)

リフォームコラム

水回り

キッチンレイアウトについて

リフォームをする上で、キッチンのレイアウトってとても重要だと思います。
使い勝手良くしたい、家事動線をどうにかしたいというご相談はとても多く、皆さまの悩みの種になってますね。
毎日使うところだからこそこだわりたいポイントです。

お家の間取りに適したキッチンの形、お持ちの食器や調理器具の量に見合う収納、冷蔵庫や家電の置き場所、家族構成や生活スタイルなど一つずつ精査していくことで、自分に一番適したレイアウトが見えてきます。

流行りにのって見た目だけで選んでしまうと、使い勝手が自分に合わなくて、後悔しちゃうかもしれません。

今回は、キッチンレイアウトのポイントを抑えていきますので、
キッチンリフォームを検討している方は是非参考にして頂けたらと思います。

自分がもっとも動きやすい家事動線について

まずは自分がもっとも動きやすい家事動線を考えていきます。
動線とは文字通り動く線のことですが、日頃キッチンに立った時に自分が、どのような動きをしているのかを思い描いて下さい。

実際に今のキッチンや家電、食器棚の配置を絵に描いてみても良いかもしれませんね。そうすることで、今の問題点が見えてきます。

現状に不満をお持ちのかたは、この動線が四方に散らばってしまっていたり、何度も往復していたりして移動距離がものすごく長くなっているかもしれません。

それはとても家事効率が悪い証拠です。

実際キッチンリフォームをお考えのお客様の家に現場調査に行くと、冷蔵庫置き場が近くに確保できず遠く離れたところあり凄く不便、家電が色んなところに点在していてそれらを使うたびに動き回らなければいけない、等という悩みをよく聞きます。

その問題点の原因について

その問題点の原因を探っていきます。

動線が長くなっている原因は家具家電の配置だと思いますが、そもそも何故そこに冷蔵庫や食器棚等を置かなければいけないのか、その理由を探りだしていきましょう。
使いにくいのに、その場所に置いているのには理由があると思います。

例えば「この場所にしかコンセントがない」「スペースが狭くて入らないから」「家族が取り出しやすいから」「なんとなくずっと置いているから・・・」

などなど、

原因をひとつひとつ上げていきその解決方法を見いだしていくことで、自分にあった動線が少しずつ見えてきます。特にポイントとなるのは冷蔵庫の位置です。キッチン家電の中でも一番よく使うものなのでこの配置はできるだけキッチンの近くに持っていくといいでしょう。

配置を変えていくだけでも劇的に変わり家事効率もアップしていくのです。

なんとなくこんな風に替えたら使い勝手良さそうだな~というイメージができてきましたね。

動線以外の問題点のあぶりだし

例えば、キッチンで使う家電に対してのコンセントの数や位置、お水やお米などストック品の収納場所、ごみ箱なども収納場所なども押さえておきたいポイントです。見た目がきれいになっても収納や使い勝手が悪いとモノがあふれた状態になってしまい、残念な結果になりかねません。ココはしっかりと書き出しておきたいものです。

まとめ

それを踏まえてキッチンの配置を決めていきます。

キッチンの形については色々なところで上がっているので省きますが、
やはりメリットデメリットがありますし、お家の間取りによっても向き不向きが出てきますので、
その辺りは私たちにご相談いただけたらと思います。

一覧へ戻る

PAGETOP