0120-5252-48

営業時間 9:00~19:00 年中無休(年末年始を除く)

リフォームコラム

水まわり

コロナ対策リフォーム!スムーズな手洗い場の動線とは?

新型コロナ対策の新しい生活様式のなかで、「家に帰ったらまず手や顔を洗うこと」が推奨されています。しかし、手洗いが大切なのは分かっていても、ついうっかり忘れたり、子どもたちの習慣化が難しかったりすることもありますよね。

そこで注目されているのが、スムーズな手洗い動線。リフォームで手洗い場の位置を見直して、帰宅後に大人も子どもも自然と手洗いができるよう工夫してみませんか?

手洗い場のスムーズな動線とは?

一般的な手洗い場は、洗面室に設けられていることがほとんど。顔を洗ったり身だしなみを整えたり、洗濯前の手洗いなどに便利ですよね。お風呂・洗面台・キッチンといった水回りをまとめることで、工事費が安いという背景もあります。

しかし、コロナ対策を考えたとき、玄関から洗面室までが遠いと問題に。例えば「玄関→廊下→リビング→洗面室(手洗い場)」のような間取りだと、どうでしょうか?手についたウイルスが、リビングや洗面室のドアノブなど、あちらこちらについてしまいそうですよね。

感染対策を考えると、玄関の近くに洗面室をもってくるか、セカンド洗面を設置すると良いでしょう。帰宅後の「玄関~リビング」「玄関~2階へいく階段」の動線上にて洗い場があれば、意識しなくても自然と手洗いが促せます。

 

便利な手洗い場の設置場所

では実際にどこに設置すると、手洗いの動線がスムーズになるのでしょうか。具体的な例をいくつかご紹介するので、洗面室やセカンド洗面台の位置を決めるときに参考にされてください。

 

玄関横

玄関横に手洗い場があれば、小さな子どもでも「帰ったらすぐ手洗い」という習慣が身につきやすいです。鏡と洗面台があれば、外出前の身支度に使えるメリットもあります。朝、家族の身支度で洗面室が混雑すると悩まれている方にもおすすめです。また、来客時にお客様に玄関で手を洗っていただけるので、プライベートスペースである洗面室を見られなくてすみます。

玄関土間

「土間」とは、靴で上がれる部分のこと。最近は玄関土間を広くとって、ベビーカーやアウトドア用品などの収納場所にする間取りも人気です。玄関土間に手洗い場があれば、帰宅後すぐに手洗いしやすくなります。泥だらけで帰ってきた子どもも、きれいになってから家に上がれるので、室内もきれいにキープできますね。「スロップシンク」という大型の流しを設置すれば、手洗いはもちろん、汚れた靴などを洗うのにも便利です。

ウォークスルー収納

玄関から直接行ける場所に、ウォークスルークローゼットを設置。その中か先に洗面台があれば、「玄関→コートや荷物を収納→手洗い→リビング」へと自然に導くことができます。

帰宅後すぐ手洗いしてほしい、バッグやコートをついダイニングテーブルやソファに置きっぱなしにしてしまうという2つの悩みが同時に解決できる間取りです。

LDKの一角

リビングの入り口や、キッチンのそばに手洗い場を設置する方法も。帰宅した子どもたちが手洗いしたかどうか、キッチンで家事をしながら確認することができます。小さなお子さんの食前食後の手洗いがさっとできるのもメリットです。

トイレ横

トイレ内に洗面台を設置されているケースもありますよね。それを廊下へ出すことで、トイレ後の手洗いはもちろん、間取りによっては帰宅後の手洗い場としても兼用できることがあります。特にトイレが玄関とリビング・階段の間に位置している場合におすすめの方法です。

手洗い場リフォームのポイント

手洗い場を新しくつくるときに、知っておきたいポイントをいくつか解説します。

セカンド洗面はコンパクトでOK

よく洗面室に設けられる手洗い場は、カウンターや収納、鏡台としての機能もついているものがほとんど。しかし玄関の一角や廊下などにセカンド洗面を新設する場合、もう少しコンパクトなタイプでも良いかもしれません。奥行きの狭いものや、壁付タイプなら、あまり広さのとれないマンションや狭い廊下などでも取り入れやすいです。

 

見える場所にはおしゃれな手洗い場を

玄関や廊下、リビングなどは、普段からよく目につく場所です。おしゃれな洗面ボウルや蛇口を選ぶと、インテリアとしても楽しむことができます。カウンターや洗面ボウル、蛇口を自由に選んで組み合わせられる「造作洗面」もおすすめです。

 

設置場所によって費用は変わってくる

今までなかった場所に手洗い場を新しくつくる場合、水道の給排水管工事も必要です。配管を伸ばす距離が長くなればなるほど費用が高くなるため、同じ洗面台でも設置場所によってリフォーム費用に差が生じます。

 

マンションの水回りリフォームには制約あり

床下の排水管は、一定の勾配がなければ水が流れにくくなってしまいます。この勾配を確保するには、床下に十分な高さが必要です。戸建て住宅のリフォームでは勾配を確保しやすいのですが、マンションでは希望のリフォームが難しいケースも。条件によるので、ぜひリフォーム会社に相談してみてくださいね。

 

まとめ

「もう一つ洗面台があったら便利そう」「子どもに手洗いの習慣を身につけてほしい」そんな思いのある方は、手洗い場の位置についてもよく考えてリフォームしましょう。間取りの工夫しだいで、自然と帰宅後に手洗いできるようになりますよ。

感染対策まで考えた水回りのリフォームをしたいという方は、ぜひスペースアップにご相談ください。あなたの生活スタイルや、家の間取りにぴったりのリフォームをご提案させていただきます。

一覧へ戻る

PAGETOP