0120-5252-48

営業時間 9:00~19:00 年中無休(年末年始を除く)

リフォームコラム

リフォームブログ

リフォームの資金援助、贈与税はかかる?贈与税の仕組みと非課税特例

こんにちは、スペースアップです。今日は、リフォームと贈与税についてご説明します。

リフォームする際に、両親や祖父母から資金援助を受けるという方もいるのではないでしょうか。何も対策しないまま贈与を受けてしまうと、贈与税が発生する可能性があります。

贈与税とは、財産を譲り受けた個人が負担しなければならない税金のことです。
贈与税には基礎控除があり、年間110万円までであれば、贈与税はかかりません。

110万円を超えると、一般的には譲り受けた財産の金額に応じて贈与税が発生します。税率は財産の金額に応じて高くなり、最高では55%という高い税率が適用されます。

しかし、贈与された金額をそのままリフォームに充てる場合、要件を満たせば「住宅取得資金等の贈与を受けた場合の非課税特例」を適用できます。

非課税特例を適用すれば、最大で3,000万円までは贈与税がかかりません。税金を一切かけずに財産を移転できることから、非課税特例は相続税対策としても注目されています。

整理すると、下記のようになります。

●110万円以内の贈与を受ける予定
→贈与税の申告は必要ない。

●110万円超の贈与を受ける予定
→非課税特例を適用できるか要確認。
適用できれば贈与税のかからない範囲が大きくなり、相続対策にもなる。
適用できなければ、贈与税の申告が必要。

もし相続税対策が必要なら、リフォームをきっかけとしてご家族で話し合い、非課税特例の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

PAGETOP